男性の抜毛癖の原因とは?【男性特有の本当の原因】

男性にも多い抜毛癖ですが、その原因は女性とは違います。

男性特有の本当の原因とは?

髪へのリスクが高い男性こそ、真の原因を見極め早めの対策が必要です。

 

男性の抜毛癖の本当の原因とは?

男性が抜毛癖になるキッカケで一番多い原因は、「母親の過干渉」と「家庭環境の問題」です。

髪を抜くことで、そうしたストレスや不安から開放感され満足感を得ようとしています。

 

家庭環境は各個人個人で違います。

そのため、何が抜毛に結びついるのか、その理由を知ることが重要です。

理由を知らずに、単にやめようと言う意志だけでは、抜きたいという気持ち・衝動に負けてしまいます。

真の問題を客観的に直視せずに対策を試みると、後悔ばかり残り、益々、ストレスで抜毛癖が酷くなっていく悪循環に陥ります。

結びついる理由を見つけて自分で納得することで初めて自分で解決することができます。

 

母親の干渉や家庭環境の問題は1人で解決できる問題ではありません。

そのためには、一人で悩まずに専門家に相談することも大切です。

抜毛癖は抜毛症という病名で呼ばれていますが、決して、特殊な病気ではありません。

抜毛癖で悩む男性は意外に多い

抜毛症は女性に多い病気と言われますが、最近では男性にも多く見られるようになってきました。

そもそも、抜毛症とはどんな病気でしょうか?

抜毛症とは

抜毛症とは髪の毛や眉毛、体毛を意識してまたは無意識のうちに抜いてしまう病気です。

抜毛癖、トリコチロマニアとも呼ばれています。

 

全人口の0.5~2%が抜毛症であるという説もあります。

つまり、人口1億2千万人のうち60万~240万人が抜毛症ということになります。

女性の割合が多く、約9割は女性だといいます。

 

小学校から思春期に発病する場合が多く、30代~40代まで抜き続けている人も多くいます。

しかし、最近では男性で抜毛癖に悩む人も多いといいます。

 

実は抜毛症で悩む男性も多い

抜毛症の男性は1割ですが、決して少ない数字ではありません。

60万~240万人の1割というと、6万~24万人もの男性が抜毛症で悩んでいることになります。

 

最近では男性の比率もあがってきているといいます。

男性の方が女性よりも抜毛症であることを隠す傾向が強いと言われています。

更に、男性は自分が抜毛症だと気づいていない人も多く、潜在的な数はもっと多いと考えられています。

しかも、男性の方が繰り返す抜毛癖による髪のリスクは高いのです。

 

抜毛癖による髪へのリスクは男性の方が高い

最近では男性の抜毛症も増加傾向にあるといいますが、実は男性の方が抜毛癖により髪を傷めるリスクがはるかに高いです。

 

その理由は、男性の髪の質にあります。

男性の髪は強そうで実はとっても弱いんですよ。

その証拠に髪の薄い人が多いのは女性ですか?

男性ですか?

・・・

 

もちろん男性ですよね。

男性の髪と女性の髪の違い

男性の髪と女性の髪の違いを髪の質、寿命、老化の観点から比較してみます。

男性の髪の質

男性のほうが女性よりも細くて弱い髪質です。

これは、髪の表面のキューティクルと内部のコルテックスの成分の違いによります。

成分の違いが髪質に表れています。

男性の髪の方が太くて強いと思われますが、実は男性の髪はとってもデリケートなんです。

意外ですね。

 

男性の髪の寿命

髪の寿命は、男性が4~5年に対して女性は5~6年と男性の方が短くなっています。

つまり、早く抜けてしまうということですね。

新しい髪がどんどんと生えてこないと、必然的に髪が薄くなってしまうということです。

 

髪の老化のスピード

男性の髪は女性の髪よりも老化しやすいです。

実際、髪は死んだ細胞なので、ここで言う髪は髪を生み出す毛根を示しています。

老化した毛根は繰り返し抜かれると大きなダメージを受けることになります。

 

髪の毛が最も太くなるのは女性が30代後半なのに対して男性は10代後半から20代前半です。

男性は20歳あたりをピークに髪の毛は急激に細くなっていきます。

髪が細くなる。。。これは髪の老化を示しています。

 

つまり、髪を生み出し成長させる毛根が弱っていく証拠ですね。

男性の髪は強そうに見えて、実はとっても弱くデリケートなんです。

 

確かに、髪の薄いのは男性の方が多く見られますよね。

髪の質、髪の寿命、老化のスピードの面から見ても、抜毛癖の男性こそ頭皮ケアが必要なことが分かります。

 

髪の基本的な構造と成長は男女で同じ

髪を作る仕組みは男性でも女性でも全く同じです。

 

毛根には髪を生み出す組織である毛母細胞と毛乳頭があります。

毛乳頭が毛細血管から栄養を吸い上げて、毛母細胞が分裂・増殖して髪が生まれていきます。

この髪の組織と仕組には男女の区別はありません。

 

男女の髪の質やヘアサイクルの違いを生み出しているのはホルモンの違いによります。

男性ホルモンが髪の寿命を短くして老化を速めます。

一方、女性ホルモンは逆に髪の寿命を延ばすと言われています。

 

髪の組織と仕組みは女性と同じでも、髪(毛根)の老化は男性の方が早いんです。

 

男性こそ頭皮ケアが必要

抜毛癖をすぐにやめることは難しですよね。

実際、子供の頃に始めて、成人になっても続けている人も多くいます。

 

だから、焦らず、じっくりと付き合っていく必要があります。

毛根が生きえている間は、繰り返し抜いても髪の毛は何回でも生えてきますから。

 

但し、成人するにつれ体の老化が始まります。

毛根も例外ではありません。

抜いてもすぐに生えてきた髪の毛も段々とそのスピードが遅くなったと感じていませんか?

毛根が弱ってきているのでは?

 

弱った毛根から髪を強制的に抜けば、毛根や頭皮へのダメージは計り知れません。

また、髪は女性よりも男性の方がデリケートですし、男性は髪に無頓着な人も多いですよね。

 

弱く薄くなりやすい毛髪が、抜毛癖で抜くことで決定的なダメージを与えることになります。

毛根が死ねば、髪は生えてきません。

 

だからこそ、頭皮ケアは男性こそ絶対に必要なんです。

抜毛癖で抜いた髪の毛根への影響はこちらで詳しく説明しています>>抜毛症で繰り返し髪を抜いていると毛根は死ぬのか?

 

まとめ

抜毛癖で悩む男性も決して少なくはありません。

しかも、男性は抜毛癖であることを隠す傾向が強いといいます。

また、自分自身で抜毛癖だと気づいていない人も多くいるようです。

 

しかし、いつの日か、抜毛癖を克服する日がくることは間違いありません。

だから、できるだけ早いうちから大切な毛根が死なないようにケアしておくことが大切になってきます。

男性の髪は女性よりもデリケートにできているんですから。

 

でも、何をすれば。。。。

もし、育毛剤をお探しなら、抜毛症に特化した毛根がケアできる育毛剤がおすすめです。

手遅れになる前に対処するなら>>抜毛症に特化した育毛剤