抜毛症で抜いた髪は生えてこない?【必見!手遅れになる前に】

抜毛症で繰り返し抜いていると髪は生えてこない?

子供の頃には抜いてもすぐに生えてきたのに。

大人になるにつれ、髪が生えるのが、だんだんと遅くなっている。。。

それに、

・・・

繰り返し抜いているところが生えてこない!

心配になった私は、抜毛について詳しく調べてみました。

 

抜毛症で抜いた髪は生えてこないのか?

やっぱり、繰り返し髪を抜いていると毛根がダメージを受けて生えてこなくなる可能性が高くなります。

通常、毛根が生きていれば髪は抜かれてもまた生えてきます。

<毛根さえ生きていれば髪は何度でも生えてくる>

しかし、抜毛症で抜毛を繰り返していると毛根や頭皮を傷つけて髪を生やす組織を破壊してしまいます。

髪を生やす組織が破壊されれば、当然、髪は生えてこなくなりますよね。

 

でも、組織は再生するのでは?

確かに若いうちは組織を再生する能力も高いですよね。

多少の傷もすぐ治ります。

抜いても抜いても、髪の毛が生えてくる人も多いでしょう。

だけど、歳を取るにつれて組織を再生する機能も衰えてくるのも事実です。

毛根にダメージを与え続けていると、ある日、突然、今まで生えていた髪が生えてこなくなることが起こります。

 

髪の毛は正常な人でも毎日、100本以上抜けていると言われていますが、自然に毛が抜ける場合は組織を破壊することはありません。

だから、髪の毛はまた髪のサイクルで生え変わっています。

髪の毛が薄くなっていく人は、この髪を生やす組織が自然に衰えていくんですね。

 

大切なことは、繰り返し髪を抜いていると、年を取るにつれて毛根を傷め易くなるということです。

そして、毛根が死ねば当然、髪は二度と生えてくることはありません

大事なことは、決して毛根を傷めてはいけないということです。

 

抜毛症で抜いた髪が生えてこなくなる理由

抜毛症で抜いた髪が生えてこなくなる理由を髪の毛の構造から詳しく説明します。

髪の毛の構造

髪の毛は頭皮より上の見える部分の毛幹と頭皮の中の毛根から構成されています。

毛根の一番下は球のように膨らんでいて毛球と呼びます。

<髪の毛の構造>

毛球の先端には毛乳頭(もうにゅうとう)があり、毛乳頭は血管とつながっていて栄養を取り込んでいます。

毛乳頭の上の部分を毛母細胞と呼び、毛母細胞は毛乳頭から栄養をもらって、細胞分裂により髪の毛を生み出しています。

 

抜いた髪が生えてこなくなる理由

抜毛症で抜いた髪が生えてこなくなる理由は髪を生み出す組織を破壊してしまうからです。

 

つまり、毛乳頭と毛母細胞が元気なら髪の毛は抜けてもまた生えてきます。

ところが、抜毛症で髪の毛を抜くことが癖になると髪の毛だけでなく毛母細胞もちぎって抜くようになります。

<抜くときに大事な細胞にダメージを与える>

 

さらに進むと毛乳頭から引きちぎって抜くようになります。

髪を抜いたときに、髪の毛の先が赤く血が付いていることがありませんか?

このときは毛乳頭まで痛めている可能性があります。

こうなると髪の毛を再び生やすことがとても難しくなってきます。

 

皮膚に傷ができると固く盛り上がった傷跡ができますよね。

これを瘢痕化(はんこんか)と呼びます。

同じことが頭皮でも起きて、放って置くと毛穴が閉じてしまう閉穴(へいけつ)が起こります。

閉穴すると髪は二度と生えてこなくなります。

 

抜毛による髪のダメージについて「なつこさん」と言う方が動画で自己体験を語ってくれています。

とても参考になると思いますのでご紹介しますね。
>>[抜毛症]抜き続けても生えてくるのか?!26年間の結果報告します!

 

抜毛により傷をつけてしまった毛根は、閉穴する前にケアすることが大切です。

閉穴すると髪は二度と生えてこなくなるからです。

抜毛癖もいつかやめられることも、その時のために毛根は大切にしたいですね。

傷つけた毛根をケアする育毛剤もあります。
心配な方はぜひ見て下さい。
>>抜毛症に特化した専用育毛剤

 

抜毛症で生えてこなくなった体験談

抜毛症で髪を抜いた結果、生えてこなくなった方の体験談を集めてみました。

抜毛歴が長くなるほど、実際に生えてこなくなった実例が多く見られますね。

抜毛症は長いです。30代から抜いた毛先に血がつくようになりました。その部分は毛が生えてこなくなりました。本当に後悔しています。若い人には早目の治療をおすすめします。
抜いた髪の赤い毛乳頭を爪で潰す癖がありました。潰した時の音が楽しくてやめられませんでした。でも、抜いたところは二度と生えてきません。私の場合は特にサイドです。
小学校のころから抜き始めて、15年以上です。今でも、無意識のうちに抜いてしまします。もう左側がほとんどない状態です。やめたいのですが、やめられません。
毛先の毛根を見るのが楽しくて、中学生のころから抜き始めました。そのせいで、今では髪をアップすることができません。

 

やはり、長い期間抜き続けると、生えてこなくなる可能性が高いようです。

過度の無理はストレスになりますが、意識して抜くことを抑えるようにすることが大切ですね。

その期間は、毛根のダメージを最小限に抑えるように頭皮のケアをしてあげて下さい。

毛根が死んで閉穴したら終わりですから。

 

抜毛症の抜け毛にはケアが大切

抜毛を繰り返すと毛根は傷つきダメージを受けます。

放っておくと、二度と髪の毛を生やすことができなくなります

根っこごと抜いてしまった木が、再び生えてくることはありません。

まだ回復できるうちに、

抜毛した頭皮は怪我をした肌と同じ様に十分なケアをする必要があります。

 

抜毛症が進むと、抜けるときの痛みも快感となり、より激しく髪の毛を抜くようになりますよね。

でも、抜けた髪に血がついていたり、頭皮が血でにじむようになります。

これは、髪の毛を作る細胞が破壊されている証拠です。

とっても危険な状態です!

できるだけ早く、抜毛をやめることと毛根や頭皮のケアが必要なことは言うまでもありません。

髪を抜く指にセロハンテープなどの滑るものを巻くと、無意識に抜くことを防ぐ効果があります。どうしても、無意識に抜いてしまう癖がある人は試してみて下さい。指に注意がいくので自己抑制の効果も期待できますよ。

でも、また抜いても気落ちしたり、後悔しないで下さい。

いつか、必ずやめることはできますから、それまでは毛根だけは大切にして下さいね。

 

抜毛症で抜いてしまった髪の育毛は通常の育毛とは大きく違います。

無理に抜いた毛根をケアする育毛剤を見つけました。気になる方は見て下さい。
>>抜毛症をケアする育毛剤

もし抜くことをやめる努力をしているのなら、頭皮や毛根のケアもできる抜毛症に特化した育毛剤があなたの大切な髪を助けてくれます。

 

まとめ

抜毛症により抜毛を繰り返すと毛根や頭皮がダメージを受けてきます。

若い頃はダメージの回復も早かったのが、年齢を重ねるとダメージの回復も遅くなります。

 

また、繰り返す抜毛により段々と毛根や頭皮に与えるダメージも大きくなり、髪を作る組織まで傷つけてしまうことに。

そうなると、毛穴が閉じて二度と髪の毛が生えなくなる可能性も高くなります。

抜毛症を治すと同時に毛根と頭皮のケアが大切です。

大事な髪の毛を永久に失うことだけはしないでくださいね。

 

頭皮や毛根のケアもできる抜毛症に特化した育毛剤も販売されています。

手遅れになる前に対処するなら
>>抜毛症に特化した育毛剤