抜毛症で抜いた髪を早く生やすには?【早期に必見!】

抜毛症で抜いた髪を早く生やすためには何をすれば良いのか?

市販の育毛剤は効果があるのか?

やめたくても、
ついつい抜いてしまう抜毛癖。。。

でも、何とか髪を早く生やしたい。

毎回、襲ってくる自己嫌悪と後悔に悩んだ私は、抜いてしまった髪を早く生やす方法を徹底的に調べてみました。

 

薄くなってしまった髪を1番早く生やすには

抜毛症で抜いてしまった髪を早く生やすには、毛根のケアが大事でした。

その理由は、
繰り返し抜いた髪の毛根は大きなダメージを受けているからです。

 

毛根は髪を生み出す重要な組織です。

従って、この毛根が致命的なダメージを受けると髪は二度と生えることはありません。

 

これをヘアサイクルで説明しますね。

何故なら、髪を早く生やすには、へアサイクルを正常に保つことがとっても重要だからです。

ヘアサイクル以上に髪が早く生えることはありません。

抜毛症がヘアサイクルに与える影響

髪はヘアサイクルに従って、成長しては抜けて新たに髪が生えることを繰り返しています。

ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期の3つのステージに分けることができます。

<ヘアサイクル>

髪が新たに生えて成長していく期間を成長期と呼んでいます。

成長期は女性で4年~6年で髪全体の85%を占めています。

つまり、髪の大部分は成長している状態です。

髪は1ヶ月で約1cm伸びますから、1年で12cm、切らなければ4年~6年で48cm~72cmも成長します。

だから、抜毛症で髪を抜くということは、4年~6年間も成長する髪を一瞬で抜いてしまう恐ろしい行為なんです。

 

成長が止まると退行期に入ります。

抜け落ちようとしている退行期は3週間程度で全体の1%程度です。

 

そして、抜け落ちてから新たに生えるまでの期間を休止期と呼びます。

休止期は3ヶ月~4ヶ月で髪全体の14%程度を占めています。

つまり、髪は抜けてもすぐには生えません。

自然に抜けた髪でも3ヶ月~4ヶ月後に新たな髪が生えることになります。

 

しかし、抜毛症で繰り返し髪を抜いていると、この休止期がどんどん長くなっていきます。

強制的に髪を抜くことで毛根を傷めてしまい、毛根がダメージを回復するまでに時間がかかってしまうからです。

2ヶ月~6ヶ月、長い人で1年以上かかる人もいます。

だからこそ、薄くなった髪を早く生やすためには毛根のケアが重要になってきます

 

市販の育毛剤は効果があるのか?

ドラッグストアで販売されている市販の育毛剤はあまり効果が期待できません。

その理由は、
毛根や頭皮のダメージをケアする成分が入っていないからです。

 

一般に市販されている育毛剤は加齢やストレスなどで弱った毛根を元気にするような成分が配合されています。

自然な抜け毛専用ですね。

傷ついた毛根をケアするような成分は配合されていません。

毛根を元気にするためには、まず、毛根の傷を癒やすことが大切なんです

 

肌に傷をつけた時に、保湿美容液をいくら塗っても、傷ついた肌はキレイになりませんよね。

まずは、肌の傷を治すことが大切です。

 

でも、
毛根のケアといっても何をすればよいのか?

もし、分からなければ毛根をケアする専用の育毛剤があります。

髪を早く生やしたい人は御覧下さい。
>>抜毛症に特化した専用育毛剤

 

でも、髪は繰り返し抜いても大丈夫なのか?

心配ですよね。そこで、調べてみました。

繰り返し抜いても髪は生えてくるのか?

毛根が死んだり、毛穴が閉穴しない限り、髪は何度でも生えてきます。

<毛根が元気なら髪は何度でも生えてきます>

 

毛根には毛母細胞と毛乳頭があります。

毛乳頭は毛細血管から栄養を吸収して、毛母細胞が細胞分裂と増殖を繰り返した髪の毛を作っています。

この髪を生み出す細胞が破壊されない限り、髪は再び生えてきます。

 

ただし、これには知っておくべき重要な注意点があります。

抜毛時の注意点!毛根の数は一生同じ

最も重要なことは
毛根の数は生まれた時から、死ぬまで一生変わらないということです

残念ながら、新たに毛根ができることはありません。

つまり、今活動している毛根が死ぬと髪はどんどんと減っていきます。

 

髪を繰り返し抜いていると抜いた髪の元に白いプルプルしたものが付いてくる場合があります。

これは、毛根鞘(もうこんしょう)と呼ばれる髪と頭皮をつなぐ接着剤のようなものです。

毛根鞘が付いていても心配はありません。

 

では、恐ろしい状態とは。。。

抜毛時の注意点!毛の根元の血

繰り返し抜いていると髪の毛の元に血が付いてくることがありませんか?

このときは要注意です。

毛の根元の血は要注意!

毛根を傷つけている可能性が非常に高いからです。

<毛根にダメージを与え続ける危険>

抜毛症で髪が生えなくなった人は、この「毛根を傷つけてしまった」可能性があると考えられます。

毛根が傷ついて死ねば、髪が生えることはありません。

木の根が死ねば、木は枯れるのと同じです。

 

抜毛時の注意点!最も恐ろしい閉穴

更に、最も恐ろしいことは毛穴が閉じてしまう閉穴(へいけつ)が起こることです。

こうなると二度と髪の毛は生えてきません。

 

髪を40~50回以上抜いていると、瘢痕化(はんこんか)により毛穴が閉じてしまいます。

瘢痕化とは、肌に怪我をすると傷跡が固く盛り上がりますよね。

あれが瘢痕(はんこん)です。

<傷跡の瘢痕化>

頭皮でも毛穴が瘢痕化してしまうとそこから二度と髪の毛が生えることはありません。

長期間抜いていると瘢痕化する可能性がどんどんと高くなります。

毛根が死なない限り、髪は何度でも生えてきます。

しかし、毛穴が閉じてしまうと、残念ながら二度と髪の毛が生えることはありません。

 

抜毛時の注意点をまとめと
・毛根の数は一生変わりません。
つまり、毛根が死ねば髪は減少します。
・毛根に血がついているときは要注意!
毛根が傷ついている可能性が高いです。
・繰り返し抜いていると閉穴します。
毛穴が閉穴すると髪は二度と生えません。

抜いた髪の毛を早く生やすためにも、また、生えてこないという最悪の状態を避けるためにも、毛根と頭皮のケアは欠かせません。

毛根は見えませんが、抜くたびに酷く傷ついています。

何をして良いか分からなに人には、傷つけた毛根をケアする育毛剤があります。

心配な方は是非ご覧下さい。
>>抜毛症に特化した育毛剤

 

まとめ

抜毛症で抜いた髪を早く生やすには傷ついた毛根のケアが一番重要です。

繰り返しぬくことによる毛根のダメージで、髪が永久に生えなくなる可能性が高くなるからです。

 

髪を抜くことを徐々に減らすこと、やめることは一番ですが、

なかなか難しいですよね。

 

でも、いつかやめられるときがきます。

抜毛癖が治ったときに、好きな髪型をするためにも毛根は大切にして下さい。

毛根の数は減ることはあっても、増えることはないからです。

だから、それまで大切な毛根が死なないようにケアしておくことが大事です。

もし、髪をケアするなら、抜毛症に特化した毛根がケアできる育毛剤をおすすめします。