抜毛症で繰り返し髪を抜いていると毛根は死ぬのか?

抜毛症で繰り返し髪を抜いていると毛根が死んで髪が生えなくなってしまうのか?

最近、繰り返しぬいている部分の髪が何となく薄くなったような気がしました。

ひょっとして髪が生えてこなくなった。。。

毛根が死んでいる!?

心配になった私は、抜毛が毛根へ与える影響について詳しく調べてみました。

 

髪を繰り返し抜いていると毛根は死ぬのか?

髪を繰り返し抜いていると、ダメージが蓄積して毛根が死ぬ可能性が高くなります。

つまり、髪が生えてこなくなります。

詳しく説明していきますね。

毛根が死ぬとは?

毛根が死ぬとは、髪の毛をつくる組織が破壊され機能しなくなることです。

つまり、
「毛根が死ぬ」と、木の根っこが死んで木が枯れるように、髪の毛が生えてこなくなります。

 

髪を抜いたときに細胞にダメージを与え続けると、髪を生み出す組織が破壊されてしまします。

毛根が死ぬとは髪を生やす組織を壊してしまうことです。

<毛根が破壊されると髪は生えてきません>

 

しかも、

毛根は胎児のときに作られて、その数は生まれてから基本的に一生変わりません

つまり、一度、壊れた毛根が新たに生まれることはありません。

これって、知ってました?

私はこれを知って、本当にショックでした。。。

 

では、その大事な毛根とはどんなものでしょうか?

毛根とは?

髪は頭皮から表に出ている毛幹と、地肌の中にある毛根から構成されています。

毛根は木の根っこと同じで栄養を吸って髪を成長させる大事な部分です。

毛根の一番奥の膨らんだ部分を毛球と呼んでします。

球根のようなものですね。

毛球は毛細血管とつながる毛乳頭と髪の毛を作る毛母細胞から構成されています。

 

髪はどんな仕組みで生えているの?

毛乳頭は毛細血管から栄養を受け取り、毛母細胞が分裂・増殖を繰り返して髪が成長していきます。

毛母細胞が活発に分裂・増殖することによって髪はどんどんと押し出されていきます。

まさに、毛球が球根のように髪を生み出しています。

 

髪は新しく生えては2~6年間伸びて自然に抜け、しばらくするとまた新しく生えることを繰り返しています。

大人の髪は、正常な人だと多い人で毎日約100本も抜けています。

驚きですね。

でも、髪一本一本のサイクルがずれているため、約10万本ある髪の本数は常に一定に保たれています。

 

髪の毛を抜いても毛母細胞と毛乳頭が元気ならば、時間が経てば、再び、髪は成長していきます。

<毛根が元気なら髪はまた生えてきます>

 

毛乳頭と毛母細胞が元気に生きていれば、何回髪を抜いても生え続けることになります。

但し、髪を繰り返し抜いていると、取り返しのつかない恐ろしいことが起こります。

恐ろしい閉穴とは?

毛穴が閉じて髪が生えなくなることを閉穴(へいけつ)と呼んでいます。

なぜ、毛穴が閉じてしまうのか?

・・・

毛根も年齢とともに弱ってきます。

長期間に渡って髪を抜いているとダメージの蓄積と加齢による衰えが重なると、毛穴が閉じてしまう閉穴(へいけつ)が起こります。

これは、瘢痕化(はんこんか)が原因です。

傷ができると、皮膚が固く盛り上がりますよね。

あれが、瘢痕です。

 

髪を何度も抜いて毛根を傷つけていると頭皮にも瘢痕化がおこります。

瘢痕化が進むと、毛穴は閉じてしまい(閉穴)、髪の毛は二度と生えてこなくなります。

 

でも、髪を抜くことはなかなかやめられませんよね。

無理してやめようとすると、大きなストレスになり、更にひどく抜いてしまうことも。

しかし、

いつか、抜毛癖をやめられるときがきます。

その時に好きなヘアスタイルを自分の髪で楽しみたいですよね。

だからこそ、今は毛根を殺さないようにケアしておくことが本当に大切なんです。

 

調べているときに、毛根をケアする育毛剤を見つけました。
>>抜毛症に特化した育毛剤

 

ところで、

昔は、抜いてもすぐに生えてきた髪が、だんだんと薄くなってくるのはなぜなのか?

髪にダメージを与えやすい条件があるのでは?

疑問に思った私は、更に、詳しく調べてみました。

髪を抜いたときにダメージを与えやすい条件

髪を抜いたときに毛根にダメージを与えやすい条件とは次のような場合です。

・加齢により毛根が衰えている
・激しく抜くことで細胞にダメージを与える

 

加齢による毛根の衰え

毛根は毛乳頭が毛細血管から酸素と栄養を取り込んで、毛母細胞を分裂・増殖させることで髪を成長させています。

加齢と共に残念ながら、血流は悪くなります。

血流が低下することで毛母細胞が酸素や栄養を十分に取り込めなくなります。

これにより、毛母細胞がダメージを受けやすくなることが考えられます。

また、年齢と共に細胞の機能も当然衰えてきます。

やっぱり、年を取ると髪も生え難くなるんですね。

 

抜毛症で激しく抜くことによる細胞へのダメージ

繰り返し抜いたり、激しく抜くことが細胞へのダメージを大きくしています。

実際、抜毛症が長くなると、抜くことに快感を覚えるようになります。

抜いたときの刺激がたまらなくなるんですね。

 

抜いた毛根に付いている白いゼリー状のものを見るとドキドキしませんか。

毛根に付いている白い物は毛根鞘(もうこんしょう)です。

毛根鞘は髪と頭皮を接続する接着剤のようなものです。

抜いた髪に毛根鞘が付いていても特に問題はありません。

 

でも、繰り返し抜いていると毛の先に血が付いてくることがあります。

この状態は、毛乳頭や毛母細胞などの毛根を傷つけている可能性があります。

こうなると、髪の毛は危険信号の点灯です。

抜く行為を意識して控えて、毛根や頭皮のケアが必要です。

 

頭皮や毛根のケアもできる抜毛症に特化した育毛剤も販売されています。

髪を残したい方は、ぜひこちらご覧ください。
>>抜毛症に特化した専用育毛剤

 

髪を抜き続けると、髪が生え難くなりますが、具体的にどの程度遅くなるのでしょうか?

抜毛症で抜いた髪はどれくらいで生えるのか

自然に抜けた髪は3ヶ月~4ヶ月後の休止期間後に新たな髪が生えてきます。

しかし、抜毛症で抜いた髪は正常なヘアサイクルに従うことは期待できません。

2ヶ月~6ヶ月、長い人で1年以上かかる人もいるようです。

 

抜毛が進むと、髪が新たに毛根から生え始める期間がどんどんと遅くなってきます。

しかも、一度髪を抜いてしまうと新しい髪は1ヶ月で1cmほどしか伸びません。

髪の毛は1日に、0.3~0.4mm程度伸びます。1ヶ月で約1cm、1年で12cm程度です。

髪が新しく生えて、伸びるまでには長い期間が必要です。

髪は大切にしたいですね。

 

ところで、永久脱毛ってご存知ですか?

実は、繰り返し髪を抜くことは、永久脱毛の処置と同じことをしているんですよ。

繰り返す抜毛は永久脱毛と同じ!

毛根を破壊して、永久に毛が生えないように処理をするのが永久脱毛です。

抜毛症よる髪を繰り返す行為は、結果的に永久脱毛と同じことを行っています。

 

医療脱毛専門のクリニックや美容皮膚科などで医療レーザー脱毛やニードル脱毛で行います。

レーザー脱毛は毛を生む組織をレーザーによって破壊する脱毛方法です。

ニードル脱毛は毛穴に針を挿入し、電気を流して毛根にダメージを与えて永久脱毛を実現します。

毛根が破壊されれば、毛が永久に生えてこないからです。

 

このように毛根を破壊すれば、毛は永久に生えてきません。

抜毛症により毛根にダメージを与えることは、永久脱毛と同じことを行っている可能性があるんです。

 

まとめ

抜毛症で髪の毛を繰り返し抜いても髪の毛が生えなくなることはありません。

但し、激しく抜くことで毛根にダメージを与えると、髪を生やす細胞が破壊されて髪が永久に生えなくなる可能性があります。

 

加齢により頭皮が弱ってくると特にダメージを受けやすくなります。

若い頃は、繰り返し生えていた髪も段々と生えなくなるのはこのためです。

 

髪の毛を抜く癖をやめることが一番ですが、すぐに辞めることは難しいですよね。

だから、抜くことによってダメージを受けた頭皮や毛根をケアすることはとっても大事なんです。

 

抜毛症で抜いた頭皮や毛根のケアは自然に抜ける髪のケアとは違います。

抜け毛用の育毛剤ではあまり、効果が期待できません。

頭皮や毛根のケアもできる抜毛症に特化した育毛剤も販売されています。

髪を大事にしたい方は、ぜひこちらご覧ください。
>>抜毛症に有効な専用の育毛剤