コレステ生活を面倒な解約が不要なモニターでお試し!

悪玉コレステロールを下げるコレステ生活を試してみたい。

定期コースは安いけど解約が面倒。。。と、

思っている方におすすめなのがモニターでの購入です。

たった980円でお試しできます。

必要なことは、後日、アンケートに協力するだけです。

正直に飲んだ感想を回答すれば良いだけ。

もし、効果があればそのまま継続購入もできますよ。

コレステ生活をモニターしてみる
>>コレステ生活

 

定期コースと解約不要のモニター

コレステ生活の定期コース

コレステ生活の定期コースは

・初回980円(税込)
・2回目以降は3,515円(税込)
・いつでも解約自由

で、お得です。

でも、

もし体に合わなかったら。。。

効果が見られなかったら。。。

解約自由をは言っても、解約の電話をするんですよね。

なんか、強引に引き止められるのでは。。。

なんて、心配の方におすすめなのがモニターで購入する方法です。

 

解約不要のモニター

モニターでも、980円でお試しできます。

万が一、満足いかなくても解約の手続きは全く不要です。

手間は、後日、アンケートに答えるだけ。

煩わしいオペレーターとの会話も必要ありません。

安心して、1ヶ月の31日分がお試しできます。

コレステ生活をモニターで申し込む
>>コレステ生活

 

コレステ生活の効果

コレステ生活は悪玉コレステロール(LDL)を下げることに特化したサプリメントです。

ニオイが気にならない松樹皮(まつじゅひ)由来プロシアニジンが悪玉コレステロール(LDL)を効果的に下げてくれます。

 

だから、青魚の青臭さを心配する必要が無いんです。

青魚の青臭さが苦手な人には嬉しいですね。

 

そして、

サプリ「コレステ生活」はちゃんと

「悪玉コレステロールを下げる」

と表示できることを認められた機能性食品なんです。

「悪玉コレステロールを下げる」とパッケージに堂々と表示されていますよね。

 

サプリ「コレステ生活」は、実際にコレステロールが高い男女を対象に12週間の臨床試験で、実際に悪玉コレステロールが下がることを確認しています。

実際になんと、平均で悪玉コレステロール(LDL)を15.4mg/dLも下げることが出来きたんです。

 

コレステ生活は薬ではありません。

しかし、このようなシッカリとしたデータを元に消費者庁に許可を得て効果を表示している「機能性表示食品」なんです。

 

健康診断で悪玉コレステロール(LDL)が高いと指摘されて、悩んでいる人はもちろん、

日頃から食生活が気になっている人にはぜひオススメしたいサプリメントです。

 

悪玉コレステロールを下げる理由

コレステロールの吸収を防ぐプロシアニジンが配合されているからです。

プロシアニジンはコレステロールの吸収を抑えて、どんどんと排出してくれます。

このプロシアニジンの働きによって、運ばれるコレステロールが減少します。

その結果、悪玉コレステロールを下げることができるんです。

 

コレステ生活のプロシアニジンは自然素材のフラバンジェノールから摂取しています。

フラバンジェノールには悪玉コレステロールを低減するプロシアニジンが豊富に含まれているんです。

 

コレステ生活がおすすめの人

コレステ生活は悪玉コレステロールを下げるサプリメントです。

サプリメントなので、悪玉コレステロールを下げるのに食事制限や運動がなかなかできない人でも気軽に始めることができます。

従って、次のような人におすすめです。

✓ 毎年、健康診断でコレステロール値が増加している人

✓ どうしても甘いものや脂っこいものを食べてしまう人

✓ 生活が不規則で運動する時間がない人

✓ 健康診断で「悪玉コレステロール」を指摘された人

✓ コレステロール対策はしたいけど、青汁やEPAは臭いや味が苦手な人

 

コレステロール、1日に2粒を好きな時間にするだけで、悪玉コレステロールを減少させてくれますよ。

 

悪玉コレステロール(LDL)増加のリスク

それは、心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性を高めることです。

 

悪玉コレステロール(LDL)が増えると、運び屋はどんどんとコレステロールを運びます。

回収しきれないコレステロールは血管壁に蓄積されて、血管を狭くしていきます。

その結果、動脈硬化を進行させ心筋梗塞や脳梗塞を起こす危険性が高くなります。

 

悪玉コレステロール(LDL)は本来、コレステロールの運び屋です。

つまり、重要な役割を担っているんです。

 

問題は、悪玉コレステロールの増加による

「コレステロールの運びすぎ」

なんです。

 

悪玉コレステロール(LDL)の基準値は、日本人間ドック学会によると、60~119(mg/dL)です。

 

もちろん、善玉コレステロール(HDL)も運び屋なので減少すると余分なコレステロールが回収できなくなり、動脈硬化の要因となります。

善玉コレステロール(HDL)の基準値は40(mg/dL)以上です。

 

善玉コレステロール(HDL)の減少にも注意が必要ですが、

多くの人が健康診断で指摘れるのは悪玉コレステロールの増加ではないでしょうか。

コレステ生活をモニターで申し込む
>>コレステ生活