生え際の白髪が目立ってきた!生え際の白髪対策とは?

染めてもすぐに目立つのが生え際の白髪です。

特に、こめかみやもみ上げあたりの白髪は目立ちますよね。

でも、何故、生え際の白髪は目立つのか?

生え際の白髪対策は?

詳しくご紹介していきます。

 

何故、生え際の白髪が目立つのか?

髪の毛は1日、0.3~0.4mm伸びるので、2週間で5mm程度伸びます。

そのため、せっかく美容院で染めても生え際の白髪が目立ってくるのです。

生え際は鏡を見たときに、一番気になる部分ですから、白髪を染めている多くの人の悩みですね。

また、自宅で白髪染めをしている人にとって、生え際の白髪は染まりにくいのも事実です。

 

何故、生え際に白髪が多いのか?

白髪の生えてくる場所は体の不調と密接な関係があると言われています。

前髪の生え際はホルモンバランスが崩れていると白髪が生えやすい場所です。

 

また、こめかみ付近に白髪の多い人は視神経を酷使している人です。

つまり、こめかみはスマホやパソコンなどで目を酷使していると白髪が多くなる部分と言われています。

 

髪は毛細血管から栄養をもらったメラノサイトが黒色のメランイン色素を作ることで黒髪になります。

従って、白髪が生える場所は、このメラノサイトの機能が低下している場所と言えます。

 

長年、積み重なった疲労やダメージが関連する場所の血行を悪くし、メラノサイトの機能低下を招いているといえます。

心当たりがないか、自分の生活習慣を見直して下さい。

 

美容院までの白髪の生え際隠し

2~3週間ごとに白髪染めするのは、費用もかかるし面倒です。

そこで、白髪の生え際隠しに役に立つのが白髪隠しです。

白が隠しには、カバーする範囲によって
・ファンデーションタイプ
・マスカラタイプ
・スプレータイプ
・パウダータイプ

などがあります。

それぞれ、一長一短あり、白髪の量や場所に応じて選べば良いでしょう。

どれも、ドラッグストアで簡単に手に入れることができます。

 

水や汗に強いタイプのありますが、洗顔すれば落ちてしまうため、長く続かないのが最大の欠点です。

しかも、色落ちするのでタオルやハンカチが黒くなるのも嫌ですね。

 

そもそも、生え際の白髪は染まらない

こめかみやもみ上げの部分の白髪が染まりにくいのは、根本の髪は新しいのでキューティクルがシッカリしていて染まりにくいといいます。

特に、もみ上げ部分は美容師さんでも、一番染め上がりにくいところです。

生え際の白髪の染め方

そこで、自宅でやる白髪の生え際の染め方でおすすめなのが、食品用のラップで密着させる方法です。

とにかく、長い時間、染料を髪に密着させることです。

でも、やっぱり面倒ですよね。

生え際の白髪を減らす方法はないのでしょうか?

 

染めない白髪対策

白髪を減らす方法としてよく言われているのが
・白髪に良い食べ物を食べる
・頭皮マッサージをする
・ストレスを減らす
・白髪を予防するシャンプーを使う
・頭皮美容液を使用する

などです。

白髪になるのは、髪を黒くしているメラノサイトの機能が低下しているから。

従って、メラノサイトが十分に働くように、頭皮の血行を良くして、頭皮に髪の生成に必要な成分が十分に行き渡るよいうにすることは大事です。

そのために、髪に良い成分が含まれる食べ物を食べること、血行を良くすることが推奨されています。

 

しかし、実際に実践してみれば分かりますが、長期間に渡り、忍耐強く続けることが必要です。

その間にも、白髪はどんどんと増えていきます。

そこで、おすすめなのが、頭皮に直接、白髪ケアの成分を与えることです。

これなら、即効性があり、効果も期待できますね。

 

もし、何を使ってよいか分からなんければ、こちらの頭皮美容液がおすすめです。>>白髪ケアに特化した頭皮美容液